社会保険労務士

労働保険事務組合

TOPICS

安心のヒント

事業所概要

TOPページ > 安心のヒント>年金問題

年金問題

安心のヒント
国民年金・厚生年金保険の被保険者の方には、日本年金機構から「ねんきん定期便」が送られてきます。

 

平成16年の年金法の改正により、「保険料納付実績や年金額の見込など、年金に関わる個人情報を、若い人にも分かりやすくお伝えすること」が平成20年度から実施される予定でありましたが、平成20年度は年金記録問題解決のために、全国民に「ねんきん特別便」が送付されました。
平成21年4月から国民年金・厚生年金保険の被保険者の方に、「ねんきん定期便」が、誕生月に日本年金機構から届いています。

「ねんきん定期便」が
送られてくる人は、
国民年金・厚生年金保険の被保険者の方です
送られて来る時期は、
平成21年4月2日生まれの方から毎年ご自身の誕生月に送られてきます
(1日生まれの方は、誕生月の前月となっています)

今年度の「ねんきん定期便」で、通知される年金の内容は、
T 年金の加入期間
U 年金の見込額
イ 50歳未満の方には、
加入実績に応じた年金の見込額
ロ 50歳以上の方には、
「ねんきん定期便」が作成された時点に加入していた年金制度に、同じ条件で引続いて加入した場合の将来受け取れる年金の見込額
V これまでにご自身が納付した保険料の累計の金額
W 年金の加入履歴
X 厚生年金の全ての期間の月毎の標準報酬月額・賞与額、保険料納付額
Y 国民年金の全ての期間の月毎の保険料納付状況

来年度以降は、
イ 35歳、45歳、58歳の節目年齢に該当する方には、
今年度と同じ内容(上記のTからY)の記録が更新されて、通知があります。
ロ 上記の年齢以外の方には
上記TからVについては、の記録が更新されて、通知があります。
また、上記X及びYについては、直近の一年分の通知があります。

※ ご注意、ご確認をして頂くこと
「ねんきん定期便」は、日本年金機構にお届けしている住所に送付されます。
ご住所の訂正(変更)は、下記のいずれかの窓口にて、イ 国民年金に加入している国民年金第1号被保険者の方は、
市区町村役場の国民年金担当窓口で、
ロ 厚生年金保険に加入中の国民年金第2号被保険者方は、
お勤めの会社などへ申し出でて、
ハ 会社員や公務員の被扶養配偶者である国民年金第3号被保険者の方は、
配偶者のお勤めの会社などへ申し出でて、
ご自身による手続きが必要となります。
以上

詳しくは日本年金機構のホームページ

http://www.nenkin.go.jp/

Q.「ねんきん特別便」とはなんですか
  日本年金機構から、皆様の年金記録に誤りがないかなどの不安や疑問に対し、ご自身で確かめていただくために、社会保険庁が持っているおひとりおひとりの年金の加入記録が送られて来ます。
このお知らせが、「ねんきん特別便」です。

 

A.

 

どうすれば良いのですか

ご自身の「基礎年金番号」に結びつく可能性のある記録が見つかった方に「ねんきん特別便」が、平成19年12月17日から送付されています。
必ず開封して、記載の通りの流れに従って下さい。
ご自身の年金に結びつく場合があります。
「ねんきん特別便専用ダイヤル」(0570‐058‐555)

以下は、日本年金機構のQ&Aから

平成20年3月までに送付された方(青色封筒の「ねんきん特別便」を受け取られた方)は、年金記録にもれがある可能性が高い年金受給者加入者、の方です。

記載されている加入記録について、お勤め先などの欄にもれがないか、また、資格取得年月日(加入日)・資格喪失年月日(退職日の翌日)の誤りがないかなどを、十分にお確かめになって下さい。
もれているかも知れない記録は、「ねんきん特別便専用ダイヤル」または、お近くの年金事務所や年金相談センターで確かめることができます。記録を訂正する必要がない場合は「確認はがき」の郵送を、訂正の必要がある場合は「年金記録照会票」にもれている記録(お勤め先や所在地、住所など)を記入して、お手続きをお願いすることになります。
記録を訂正するようにご連絡された方には、後日、そのことについての調査結果が日本年金機構から文書によりご連絡があります。年金事務所の窓口へ提出された方には、年金事務所より文書によりご連絡があります。
なお、このご連絡は、6ヶ月ぐらいお待ち頂くことになるとのことです。

 

平成20年4月から5月までに送付された方(緑色封筒の「ねんきん特別便」を受け取られた方)は、平成20年3月までにお送りしている方以外のすべての年金受給者、の方です。

平成20年6月から10月までに送付される方(緑色封筒の「ねんきん特別便」を受け取られた方)は、平成20年3月までにお送りしている方以外のすべての現役加入者、の方です。

念のため、ご自身の確認をお願いします。
加入記録について、お勤め先などの欄にもれがないか、また、資格取得年月日(加入日)・資格喪失年月日(退職日の翌日)の誤りがないかなどを、十分にお確かめになって下さい。
年金受給者の方で、加入記録にもれや誤りがない場合は「年金加入記録回答票」にお名前や生年月日などを記入して郵送なさってください。もれや誤りがある場合には「年金加入記録回答票」にお名前や生年月日などの必要事項と、もれていると思われるお勤め先や所在地、住所などを記入して郵送なさって下さい。(もれや誤りついて覚えている方は、必ずしも年金事務所に出向いて手続きをされなくても結構です。もれや誤りを書いて同封の封筒で郵送なさって下さい。)
現役加入者の方は、訂正の有無にかかわらず、「年金加入記録回答票」に記入して郵送なさって下さい。
記録を訂正するようにご連絡された方には、後日、そのことについての調査結果が日本年金機構から文書によりご連絡があります。年金事務所の窓口へ提出なさった方には、年金事務所より文書によりご連絡があります。
なお、このご連絡は、6ヶ月ぐらいお待ち頂くことになるとのことです。

Q.「宙に浮いた年金記録」
  ご自身の公的年金の加入期間を確認するのには、
A.

年金事務所で年金加入記録照会を行う

イ、インターネットでユーザーIDパスワードの発行を受けて行う
ロ、ねんきんダイヤル(0570-05-1165) に電話をする

年金手帳、、被保険者証、他に事業所名、事業所の所在地、勤務期間、業種等を時系列的に整理しておくことと、給料明細等勤務していたことが判る物等を用意して問い合わせを行って下さい。

Q.「年金支給漏れ」
  現在の裁定された年金の対象から漏れている「被保険者期間」が見つかったときは、
A.

記録を繋げて年金額の再計算を行います。

新たに見つかった「被保険者期間」を基礎年金番号に統合します。
年金証書と再裁定申立書を年金事務所に提出して、年金額の再計算をします。
支給されるのは、以前は5年を超える部分は時効で支給されませんでしたが、今後は5年を超える部分も支給されます。

Q.「消えた年金記録」
  納付したはずの国民年金保険料が未納付とされている、
A.

納付済みの領収書があるか、
銀行通帳の引き落とし欄に、国民年金保険料として引き落としが記載されているか、
税務申告書等で、社会保険料の納付が判る物等を用意して主張する。

今回の一連の問題で、平成19年6月に総務省に「第三者委員会」が設置されて、納付か未納付かの判定が行われるようになります。

Q.「第三者委員会」
 

年金事務所にご自身の年金加入記録や、納付記録の確認をしたが、年金加入記録や納付記録が見つからないと回答書をもらった時は、

A.

年金事務所を通じて、「第三者委員会」に「年金記録に係る確認申立書」を提出します。
この場合も税務申告書等で、社会保険料の納付が判る物等を添付します。

実際に認定されて、記録が訂正されて、年金受給に結びついている人がいます。

奥野社会労務士事務所では、年金事務所等に記録照会等をあなた様のご依頼により行い、年金事務所等で交付された各種の回等書類に基づいて、詳しくご説明いたします。