社会保険労務士

労働保険事務組合

TOPICS

安心のヒント

事業所概要

TOPページ > 労働保険事務組合

労働保険事務組合

労働保険事務組合とは?

労働保険事務組合事業主の皆様の委託を受けて労働保険料の申告や納付、労災保険・雇用保険の各種の届出事務の手続を、事業主の皆様に代わって行なう団体をいいます。

当中央労務協会には、大阪府を始め近県の中小事業主の皆様にご加入を頂いており、従業員の皆様が安心して働ける環境作りのお手伝いをさせて頂いております。

当協会にご加入を頂くと、従業員の皆様の他に、労働者ではない事業主ご自身やその家族従事者の方も特別加入として労災保険に加入できます。

特別加入とは?

特別加入とは、労働者以外の方でも、労働者に準じて保護する必要があると認められる一定の方(労働者ではない事業主ご自身やその家族従事者の方)が労災保険に特別に加入できる制度です。

特別加入することによりにより安心して、事業に専念していただけます。

加入できる中小事業主
常時使用する労働者数 一般業種 300人以下
卸売業、サービス業 100人以下
金融・保険、不動産、小売業 50人以下
一人親方の方も加入できます

一人親方とは、建設の事業のように、労働者を使用しないで事業を行うことを常態とする方をいいます。

当協会には、一人親方やその家族従事者の方も、特別加入できます。特別加入が認められると、サラリーマンと同様に通勤災害も含めて労働災害が起きた場合に給付(補償)がされるので、安心して現場作業に自分の腕を振るえます。

当協会は、事故等にも迅速に対処し、お客様に安心してお仕事をして頂く為に入会から退会まで親切丁寧にサポートさせて頂いております。特別加入証明書や労働保険料の領収書も迅速に発行させて頂いております。

ご相談等も受け付けておりますので、気軽にご連絡して下さい。

 

※海外派遣者の方も特別加入として加入できます。
労災保険は日本国内の労働災害にのみ適用されていますが、従業員を海外に派遣して労働させる場合には、特別加入をすることにより、海外で労働災害にも労災保険が適用されるので、従業員に安心して海外で活躍してもらえます。