社会保険労務士

労働保険事務組合

TOPICS

安心のヒント

事業所概要

TOPページ > 労働保険事務組合 > 労働保険

労働保険

労働保険労働保険とは労働者災害補償保険(一般的には「労災保険」と呼ばれています)と雇用保険とを総称していいます。事業主は、一人でも「人」を雇って労働させておれば、農林水産の事業の一部を除いて労働保険の適用事業となり、その事業主は成立手続きを行って、労働保険料を納付することになっています。保険給付は労災保険と雇用保険で別々に行われますが、保険料の徴収等については、原則労働保険として、一体的に取り扱われています。

労災保険とは?

労働者が業務上の事由または通勤途上に負傷したり、病気になったり、また死亡された場合に、労働者やその遺族を保護するために必要な保険給付を行います。

雇用保険とは?

労働者が離職した場合や、労働者について雇用の継続が困難となる事由が生じた場合に、再就職を促進するためや労働者の生活や雇用の安定を図るために、必要な給付を行うものです。

年度更新

労働保険の保険料は、保険年度(毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間)を単位として計算されることになっています。その額は原則として事業の種類ごとに定められた保険料率をその事業に使用される労働者の賃金総額に乗じて算出します。

年度更新とは、保険年度の初めに、その1年間の見込みの賃金総額より算定した概算保険料を納付し、保険年度末に賃金総額が確定したところで精算し、これを申告・納付することをいいます。具体的には前年度以前から既に労働保険に加入している場合は、新年度の概算保険料を納付するための申告・納付と、前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付の手続きの両方を同時に行ないます。

中央労務協会は、この年度更新を始めとして労働保険に関する手続きを確実に行っております。