社会保険労務士

労働保険事務組合

TOPICS

安心のヒント

事業所概要

TOPページ > 労働保険事務組合 > 労働災害・通勤災害

労働災害・通勤災害

業務災害

労働災害業務災害とは、労働者の業務上の負傷、疾病、障害又は死亡をいいます。業務災害は、業務が原因となった災害ということですから、業務と傷病等との間に一定の因果関係があることが求められます。この業務災害に対する保険給付が行なわれるためには、労働者が労災保険が適用される事業場に雇われて働いているときに、労働者が労働関係のもとにあった場合に起きた災害の場合です。

業務災害かどうかの判定
業務上の負傷については、
 ●事業主の支配管理下で業務に従事していた場合
 ●事業主の支配管理下にあったが、業務に従事していなかった場合
 ●事業主の支配下にあったが、管理を離れて業務に従事していた場合
など、細かく定められています。

業務上の疾病については、
 ●有害因子が就業場所にあったこと
 ●健康障害を起こすほどの有害因子にさらされたこと
など、発症した経過やその病気の状態を勘案します。

通勤災害

通勤災害とは、労働者が通勤により被った負傷、疾病、障害又は死亡をいいます。
通勤災害と認められるためには、下記のように労災保険法において定められている通勤の要件を満たしている必要があります。

「通勤」とは、労働者が就業に関し住居と就業の場所との間を合理的な経路及び方法により往復することや複数就業者の事業場間の移動、単身赴任者の住居間を移動することをいいますが、業務の性質を有するものは除くものとされています。通勤途上でその経路を逸脱し、又は往復を中断した場合には、逸脱又は中断の間及びその後の行為は通勤とは認められません。ただし、逸脱又は中断が日常生活上必要な行為で、やむを得ないとして労働省令で定められている事由により行うための最小限度のものである場合は、逸脱又は中断の間を除き通勤とされています。

中央労務協会は、従業員が業務災害や通勤災害にあった場合の手続きについて、適切な助言を致します。