社会保険労務士

労働保険事務組合

TOPICS

安心のヒント

事業所概要

TOPページ > 社会保険労務士業務 > 年金相談

年金相談

年金相談

現在の公的年金制度は、度重なる改正によって新制度・旧制度や各種制度が混在し非常に複雑です。個人の生年月日や履歴によって受給資格が違っております。この複雑な厚生年金保険や国民年金の受給に関する相談に応じます。

老齢年金
原則として資格期間(保険料納付済期間等)が25年以上ある人が、65歳になると老齢基礎年金、老齢厚生年金が受給できます。又、厚生年金の被保険者期間が1年以上ある人は、老齢厚生年金の一部が60歳より支給されます。
障害年金
原則として保険料納付済期間等が被保険者期間の3分の2以上ある人が国民年金や厚生年金に加入中に初診日がある傷病によって65歳になるまでに障害認定日に障害等級に該当した場合、障害年金が支給されます。
遺族年金
原則として保険料納付済期間等が被保険者期間の3分の2以上ある人が国民年金や厚生年金に加入中や、老齢年金の受給資格を満たした人が死亡した場合に、その配偶者や18歳の年度末までの子に遺族年金が支給されます。

これら年金の受給資格や受給のための要件は細かく規程されており、該当するかどうかは各個人により違ってきます。

奥野社会保険労務士事務所は、受給の為の手続きに精通していますので、親切に受給の相談に応じます。

「安心のヒント」で年金記録問題について、解説をしています。