社会保険労務士

労働保険事務組合

TOPICS

安心のヒント

事業所概要

TOPページ > TOPICS > 2009年9月

2009年9月

 10月1日以降に出産された方の健康保険から支給される出産育児一時金が変更になります。

 

10月1日以降に出産された方の健康保険から支給される出産育児一時金が変更になります。

支給額の変更

健康保険の被保険者やその被扶養者が出産したときに支給される一時金は、現在の支給額より、金40,000円多く支給されます。

(イ) 産科医療補償制度に加入する医療機関等において出産した場合

    現在の、金380,000円から平成21年10月1日以降は、

金420,000円に引き上げられます。

(ロ) (イ)の産科医療補償制度に加入する医療機関等以外で出産した場合

    現在の、金350,000円から平成21年10月1日以降は、

金390,000円に引き上げられます。

 

支給方法の変更

 協会けんぽから医療機関等に、出産育児一時金が直接支払われる仕組みに変更されます。

現在は、出産費用は医療機関等に支払った後で、出産後に被保険者の方から協会けんぽ支部に申請して出産育児一時金を受給する方法が原則です。

 平成21年10月1日以降は協会けんぽから出産育児一時金を医療機関等に直接支払う仕組みに変わります。

(イ)出産費用が出産育児一時金の支給額の範囲内の場合には、その差額分は出産後、協会けんぽに請求して支給を受けることになります。

(ロ)出産費用が出産育児一時金の支給額を超える場合は、その超えた額を医療機関等に被保険者等が支払うことになります。

(ハ)出産費用をご自身で医療機関等に支払った後で、出産後に被保険者の方に支払う従来の方法をとることも出来ます。

以上

協会けんぽのホームページ 

http://www.kyoukaikenpo.or.jp/8,24316,39.html