社会保険労務士

労働保険事務組合

TOPICS

安心のヒント

事業所概要

TOPページ > TOPICS > 2010年4月

2010年4月

非正規労働者の方の雇用保険の適用範囲の拡大(平成22年4月1日施行)

 ○短時間就労者、派遣労働者の雇用保険の適用範囲を以下の通り拡大
(改正前) 


6ヵ月以上の雇用見込があること
○1週間の所定労働時間が20時間以上であること

   ↓
(改正後)


31日以上の雇用見込があること
○1週間の所定労働時間が20時間以上であること

※「31日以上の雇用見込みがあること」とは・・・
  31日以上雇用が継続しないことが明確である場合を除き、 この要件に該当することとなります。
  このため、例えば、次の場合には、雇用契約期間が31日未満であっても、原則として、31日以上  の雇用が見込まれるものとして、雇用保険が適用されることとなります。
  (1)雇用契約に更新する場合ある旨の規定があり、31日未満での雇止めの明示がないとき
  (2)雇用契約に更新規定はないが同様の雇用契約により雇用された労働者が31日以上の雇用さ   れた実績があるとき

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken11/dl/03.pdf

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken11/dl/04.pdf

雇用保険料率の変更(平成22年4月1日施行)

平成22年度の雇用保険料率が変更になりました。

事業の種類

全体

事業主

被保険者

一般の事業

15.5

9.5

6

農林水産業

17.5

10.5

7

建設業

18.5

11.5

7

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken11/dl/05.pdf

雇用保険に未加入とされた人の遡及適用期間の改善(今後施行予定)

事業主から雇用保険被保険者資格取得届が提出されていなかったために、雇用保険に未加入とされていた人は、これまで被保険者であったことが確認された日から2年前まで雇用保険の遡及適用が可能でした。

施行日以後は、事業主から雇用保険料を天引きされていたことが給与明細等の書類により確認された方については、2年を超えて雇用保険の遡及適用が可能となります。

公布日(平成22年3月31日)から9ヶ月以内の政令で定める日をいいます。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/koyouhoken11/dl/02.pdf