社会保険労務士

労働保険事務組合

TOPICS

安心のヒント

事業所概要

TOPページ > TOPICS > 2010年9月

2010年9月

嘱託として再雇用された者の被保険者資格の取扱いの一部改正について(平成22年9月1日実施)

  

【 従 来 】
特別支給(60歳台前半)の老齢厚生年金の受給権者である被保険者が定年退職後、1日の空白   もなく同じ事業所に継続して再雇用される場合は、事業主が厚生年金保険及び健康保険の被   保険者資格喪失届及び被保険者資格取得届を同時に年金事務所へ提出することで、再雇用さ   れた月から、再雇用後の給与に応じて標準報酬月額が決定されます。

【 改 正 】
上記に加え、特別支給の老齢厚生年金の受給権者(60歳から64歳)である以下の被保険者も  対象となります。

  1. 定年制の定めのある事業所において定年退職以外の理由で1日の空白もなく同じ会社に継続して再雇用される場合
  2. 定年制の定めのない事業所おいて1日の空白もなく同じ会社に継続して再雇用される場合

日本年金機構
http://www.nenkin.go.jp/new/topics/kounen_0816.html

厚生年金保険料率が9月分より改定されます
  1. 厚生年金保険の保険料率が平成22年9月分(10月納付分)から0.354%引き上げられ、  160.58/1000(労使折半)に変更されます。

  2. 厚生年金基金に加入する方の厚生年金保険料率は、一般の被保険者又は坑内員・船員の被保険者の区分に応じた保険料率から、基金ごとに定められている免除保険料率(2.4%〜5.0%)を控除した率となり基金ごとに定められていますので、免除保険料率及び厚生年金基金の掛金については、加入する厚生年金基金にまでお問い合わせ下さい。

    尚、協会けんぽの健康保険料率については、変更ありません。

日本年金機構
http://www.nenkin.go.jp/main/employer/pdf/ryogaku_22_09/01/01.pdf
http://www.nenkin.go.jp/main/employer/index6.html